日本の葬儀の香典(弔電)の準備方法

日本でお葬式が行われる場合に備えて知っておきたい「香典(こうでん)」についてご紹介します。

こうでんとは?
香典(こうでん)またはお香典(お香典)は、結婚式と同じようにお悔やみのお金であり(祝うためのものではありません)、香典にもいくつかのルールがあります. すべての日本の慣習に従う必要はありませんが、失礼なことをする予定がない場合は、少なくともそれを認識しておく必要があります.

コウデンはいくらですか?
これは常に最初に出てくる質問です。それは完全にあなた次第ですが、ここにあなたにいくつかのアイデアを与えるかもしれないいくつかの参考文献があります. これを踏まえて、多すぎず少なすぎずと考えてください。

同僚、友人、知人
20歳前後 3,000円~5,000円
30歳以上 10,000~50,000円
両親、家族、または親戚
20歳前後 50,000円
30歳以上 5万円~10万円

 

こうでんの作り方

こうでん用の封筒には、白地に白黒のリボンを上向きにしたものがあります。お祝い用の赤と白のものを手に入れないでください. コンビニ、100円ショップ、本屋など、どこでも売っています。

こうでん用の封筒には別の封筒が入っています。以下のように、前に金額、後ろに住所と名前を記入してください。

金額は「金xxxxx圓」のように漢字で表記する必要がありますが、下の表を参考にしてください。上の参萬圓で3万円です。日本人でなくてもアラビア語でも問題ありません。

数字 漢字の数字
1
2
3
5 伍または五
7
8
10
おとこ
圓または円

お金の入った封筒をこうでんに入れて閉じます。

香典は、葬儀の披露宴までの間、汚れなどから守るため、袱紗と呼ばれる布をかぶせるのが作法です。代わりに通常のハンカチを使用することもできます。袱紗の折り方の参考になります(下の画像はお祝い用です。お悔やみの場合は濃い色が理想的です)。

 

こうでん返しとは?

付き添いの方には、 後日、主催者から講伝の半分程度の「 講伝下恵子 」をプレゼントする場合があります。(例:10,000円の こうでんが5,000円相当)。香典返しは、石鹸や食品などの消耗品が理想的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。